福島県人気質は意外と保守的

福島県人気質は意外と保守的

小生は神奈川県在住ですが、実際は福島県いわき市の出身です。
福島県は東北の玄関地域であり、県の形は東西に広く長い地域です。 従って、そのため気風や風土も極端に異なり、その傾向は主に三つの地域に分けられます。
先ず、現在NHKの大河ドラマで知られる「会津地方」、阿武隈の清流が流れる盆地地域の「中通り」、それに太平洋に面し、今ではスッカリ御馴染みになった原発事故の「浜通り」であります。

 

これらの三地域は意外と交流が少なく、其々が独自色を出しているようで、会津はご存知のようにテレビでは間もなく戊辰戦争の会津の役が始まろうとしております。 結果は散々な目にあって敗戦に到るが、この時の長州への恨みは硬く、現在でも山口の萩のは怨念の日々が続いていると言います。 
兎に角、会津の人々は不撓不屈の精神、男女問わず強力に頑固者とされていますし、歴史上止むを得ない面もあります。

 

「中通り」は、やや閉鎖的な風土を残してはいるが、福島市や郡山、白河といった東北・奥羽の往来路でもあり、新しい物好きで柔軟なタイプが多いようです。

 

いわきを中心とした「浜通り」は、太平洋、港町が多く、威勢のいい面もあり、陽気でエネルギッシュなタイプが多いようです。
ただ、今現在、原発事故で後世までにも及ぶ大変な目になっておりますが、ご理解をお願いします。

 

一般に福島県人に共通する気質といえば、保守的であろう。 
関東や東京に近く、情報・通信が頻繁な世の中でも、頑な(かたくな)といえるほど、方言などは昔と少しも変らず、変えようともしない。これはこれで結構だとは思いますが。

ランキング