福島県の気候について

福島県の気候について

福島県には、浜通り、中通り、会津の3つの地方が存在しているのですが、地域ごとに気候も大きく異なっています。

 

浜通りは、東北地方の中でも一番温暖な地域で、夏は涼しく冬は暖かいという特徴があります。
夏は、海から吹いてくる海風のおかげで暑さもそれほど感じず、30度を超すこともあまりありません。
また冬に関しては、年に数回しか雪が降らないため、スタッドレスタイヤを装着せずに車を運転することもできます。

 

中通りの場合には少々気候も変わり、夏は暑さ厳しく冬の寒さも比較的きつくなります。
中通りは盆地になっているため、夏はじめじめとして過ごしにくく、冬は冷たい風が吹くのですが、雪自体はそれほど積もりません。

 

その点会津は、冬になるとあたり一面雪が降り積もり、時にはその雪のせいで車が動かなくなってしまうこともありますし、猪苗代や只見等の山間部に行くと、雪が吹雪くだけではなく北海道並みの寒さを体験することとなります。
会津についても中通り同様に盆地になっていますので、夏は30度を超すことも多く、非常にじめじめとしています。

 

このように、同じ福島県でも地域によって気候も全く違っています。

 

福島県に出向くときには、事前に気候の違いを抑えておくと役立ちます。

ランキング