大内宿

大内宿

古い町並みを散策することは、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わうことができるため、古き良き日本の町並みが残る場所への旅は、国内旅行の楽しみ方の代表的なプランと言っても過言ではありません。

 

例えば、福島県は数々の歴史が残る土地ですが、「大内宿」は時代劇のセットのような町並みが残る非常に魅力的なスポットです。
大内宿は、江戸時代に栄えた宿場町なのですが、今でも約50軒ほどのかやぶき屋根の民家が建ち並び、昔ながらの姿を現代でも残す福島県の中でも観光地として人気の場所になります。

 

大内宿は、国の重要伝統的建造物群保全地区に指定されていますので、町全体が景観を崩す事なく統一されていますので、情緒ある土地の雰囲気に癒されることは間違いありません。
夜にはライトアップした光が、とても幻想的な雰囲気を醸し出しますので、昼に訪れても夜に訪れても楽しめる場所となっています。

 

今ではすっかり、かやぶき屋根のお家を見かけなくなってしまいましたので、お子さんと一緒に訪れれば、江戸の景色を自然と学ぶことができるところも素敵ですよね。
お食事には、会津そばなど江戸時代から振る舞われた料理を楽しめば、身も心もタイムスリップできるはずです。

ランキング